じぶん観察日記

めんどくさいニートが書いている日記。

ヤンハロ記録(3) 適性検査の結果を聴きに行ってきた。そしてサポステに行くことになった。

 

 先週ヤングハローワークで受けてきた適性検査の結果を聴きに行ってきました。 

 

 適性検査と職業興味検査の二つを受けたので、まず適性検査の結果から。

 

 

(1)適性検査

 計算とか単語の穴埋めとかのペーパーテストや、棒をひっくり返したり器物を使った検査をした適性検査では、

 知的能力、言語能力、数理能力、書記的知覚、空間判断力、形態知覚、運動共応、指先の器用さ、手腕の器用さ …の9個の適性能(多くの職業で共通に求められる9つの能力のこと)がわかる…らしい。

 それで私の場合の結果は、

 

 一番高かったのは、共応 … B (加算評価 A)

 二番目が、言語 …Cに丸 ←C+みたいな意味かな? (加算評価 B)

 三番目が、知的 … C (加算評価 c丸)

 

 逆に低いものは

 空間 … E (加算評価 E)

 指先 … E (加算評価 E)

 手腕 … E (加算評価 E)

 

 加算評価というのは、実際テストをやるときはそのときの体調とか色々で結果はぶれてしまうけど、調子のいい時だとこれぐらいでしょうというものらしい。

 

 苦手分野は、その通り! という結果でした。

 空間把握能力ないし、不器用だからね。実際テストしてて、全然駄目だわ~と思ったところでした。

 

 でも意外なものがあって、それが一番高かった共応(運動共応)。眼と手または指を共応させて、素早く正確に作業する能力 …らしいんですが、あんまりピンときませんでした。昔ピアノやっていたから、それのおかげかな?

 

 それらの結果をもとに、適性職業を割り出してくれたリストをもらったんですが、

 

 私の場合、その仕事に求められる能力の基準を満たした職業が

 

 ① 動物管理、水産養殖、園芸

 ② 販売

 ③ 個人サービス

 ④ 警備、巡視

 ⑤ 簡易事務 

 

 といったものでした。 ……販売は、コミュ障だからな…。う~ん

 ちょっとショックだったのが、法務・財務の欄が全部✕だったこと。…これでも法学部系行っていたんだけど…。それに法律事務所系の事務所どうかな~って思っていたんですが、向いていないのかな…。(弁護士になりたいわけじゃないからいいのかな)

 まあ、参考までにといったところ、らしいです。

 

(2) 職業興味検査

 こちらは職業がずら~とかかれた紙に、興味があるかないかで丸をつけていくというもの。

 ① 興味を持っている職業の分野

 ② 職業の好みに反映された興味以外の心理的諸傾向 (傾向尺度)

 を測っていたようです。

 

 私の場合、けっこう軒並みどの尺度も高かったような。

 一番高かったのは、C尺度。定まった法則や規則に従って行動するような仕事や活動に興味。…ルーティン作業まかせろ! って感じですね。うん、その通り! 

 グラフ化したものは扇型みたいになっていました。説明して下さって職員さん曰く、こういった形だと、だいたい自分でも自分の傾向がわかっている、と思われる形なんだそうです。なるほど…。

  

 

 (3) サポステに行くことになった件

 ヤンハロの職員さんの説明が、項目の説明をしてくれたあと「~~の項目高いけど、どうですか?」という流れでした。項目ごとに。

 で、なんか言わなくちゃいけないな~と思いながら答えていたんですが、そのなかで職業興味検査の結果のとき、Mf尺度という項目が割と高かったんですね。

 Mf尺度っていうのは、

 

男女を問わず、一般に男性が好む職業にどの程度強い関心を持っているかを示す。 

 (中略)

 女性で高い場合、いわゆる男性的とか女性的な仕事にこだわらない傾向を、低い場合には、いわゆる女性的な仕事にこだわる傾向を示す。

 

 とのことで、「この項目、割と高いけど、覚えありますか?」と職員のおばさんに言われて、う~んと悩んで、

「人と話すの苦手だから、女性ばかりの職場じゃなくて、男の人が割合的に多い職場に行った方がいいかな~って最近思うこと多くて、そういうところが出たのかな~と思います」

 (前職の事務パートの時にこりたんです。女性だらけは怖い)

 とか。

「昔から、母親が私が喋るの苦手だから研究者の道に進んだ方がいいって言われ続けていて理系を進められていたけど、でも数学とか苦手だから理系には進めなくて、将来のことも考えていなかったからなんとなく文系に行って、それで最近親に言われた通りにすればよかったかな、そっちのほうが自分に合っていたかな…と思うことがあって…」

 とか日ごろ思っていたことを、口を滑らせて言ってしまいました。…別に言うつもりもなかったんだけど…。誰かに聴いてほしかったのかな…。

 

 あと、「迷って求人応募できない」とか色々言いまして、それで話しを聴いてくれた職員さんから

「コミュニケーション練習できる場所あるけど、知ってます? 行ってみたいと思いませんか? 実はこの(ヤングハローワークがある)建物内にあるんですよ!」

 と言われまして、

「サポステですか?」と聴いたら、「サポステです!」と言われました。

 (サポステっていうのは、地域若者サポートステーションの略のことです)

 

 

 実は、3,4年ぐらい前の大学5年生(誤字にあらず)のときに、通ったことあるんですよね。

 恥ずかしくて集団活動あんまり受けなかったり、いろいろあったんですが、親以外の人に色々と相談できたのが、よかったです。

 臨時職員に受かったので通わなくなったんですけど、契約終了後無職になってまた行こうかな~と思っていたんですが、行くかどうしようかで悩んで結局行かずじまいになっていました。

 で、職員さんに勧められて、いい機会だと思って「行ってみたいです」と答えました。どうせ暇だしね…。

「でもなんて言って行けばいいかわからないです」

 と正直に行きにくいことを言ったら、「ちょっと聞いてくるね~」と職員さんがサポステの方に行ってきてくれまして、ヤングハローワークさんの職員さんがついてきてくれて、サポステに登録しに行きました。時間が空きすぎていたので、再登録という形で。

 そのあと色々と書類を書き、次回の予約を決めて、帰りました。

 どんぶらこ、と流れに身をまかせて、あれやこれやとサポステに行くことになりました。全くの想定外でした。

 

 

 どうなるんでしょうか…。

 でも家にモヤモヤとひきこもっているよりは、まあいいと思うので、次回サポステに行ってきます。

 

 暑さにやられて、適性検査の結果じっくり見れていないので、もっとじっくり見てみます…。